2018年12月30日

保険外の差し歯にかかる費用は?〜前歯を治療してきた結果〜

JDFの安いオールセラミック.jpg
安い料金の高品質オールセラミックJDF



保険外の差し歯の費用って数十万円するイメージはないですか?


少し前まではそれが当たり前でしたが、最近では違ってきています。

今は保険外の歯が10万円どころか、その半額さえ切る値段で手に入るようになっています。



私は実際に前歯を2本保険外の歯「オールセラミック」にしました。


結果10万円ちょっとしたのですが、そのおかげで今まで人に見せたくなかった保険内の差し歯の前歯2本が生まれ変わりました。




オールセラミックは審美性の高い歯として有名ですが、まさに天然の歯と見分けがつかないようなキレイな見た目です。

保険内のメタルの歯にクラウンという白いかぶせ物をした状態では、歯茎のふちが黒ずんでしまい歯自体も変色してきてしまいます。

とことがオールセラミックにしてからはその黒ずみさえもなくなり、今では思いっきり前歯を見せて笑うことができるようになりました。




強度も丈夫で全く問題ありません。

奥歯などには向いていないのですが、前歯をオールセラミックにすることにデメリットはありません。
追記※最近では奥歯も安い費用で丈夫な素材のオールセラミックにできるようです。

ちなみに私は最初インプラントも考えていたのですが、インプラントはやはり1本10万円以上してしまう上に手術をしなければいけません。

ということはそれなりにリスクもあります。経験の少ない歯科医に任せると稀に死亡事故などもあるとのこと。





ネットでも調べてそういった色々なことを考えた結果私は前歯を保険外の差し歯にすることを決意したのですが、今ではもっと早く決断していればよかったと後悔しているほどです。

それほど満足のできる見た目と費用面での良さ。

これほどのクオリティの前歯がこんなに安い料金でできるなんて、数年前までは思いもしませんでした。






そして費用の話ですが、保険外の治療は歯科によって価格設定がピンキリで驚くほどの差があります。

全く同じことをするのに「ある歯科では5万円、ある歯科では40万円」といったことがあり得ます。

なので損をしてしまわないためにもよく調べて、そして通える場所にある歯医者に行った方がいいです。



ちなみに私は「ジャパンデンタルフロンティア」という会社が提供するオールセラミック歯の治療を受けました。


こちらでは複数の歯を治療する場合、「技術料は複数本でも一律」ということで他の歯科と比べてかかる費用が圧倒的に安く済みます。

1本あたりの費用を考えても、ジャパンデンタルフロンティアはかなり安い上に口コミでの評価も悪くありません。ということで私はここに決めました。



私は大阪の医院で治療を受けたのですが、治療を開始するまでにやはり不安はありました。

そこでいろいろ調べたことをこちらの記事に綴っているのでよければご覧ください。

ジャパンデンタルフロンティアの口コミ・評判は悪い?




他にも拠点は東京と名古屋にあるので、通える圏内に住んでいる方はこのJDFがおすすめです。





保険外の差し歯には色々ありますが、前歯にしても奥歯にしても、費用、見た目、強度、総合的に考えて私はこのオールセラミックが一番だと思います。

今は笑顔で鏡を見るのが楽しく思えるほど満足しています。

前歯が差し歯でそれがコンプレックスになっている方は私の他にもいると思います。

そんな人は、少しバイトをしてでもオールセラミックにする価値が十分にありますよ!^^

ということで保険外の差し歯にかかる費用のお話でした、最後までお読みいただきありがとうございました!

ちなみにジャパンデンタルフロンティアの公式ウェブページは↓こちらです、ご参考にどうぞ。

東京・大阪・名古屋で!安い料金の高品質オールセラミックならJDFJDFの安いオールセラミック.jpg









posted by ふすま at 18:16 | Comment(0) | 保険外差し歯の費用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月15日

高品質な自費診療での差し歯治療

差し歯の治療をする場合、保険を適用して治療してもらうことはできます。安価にできるだけでなく、近くの歯科医院でもすぐにやってもらえることからそちらの方がより確実です。

その一方で保険を適用して作った差し歯は数年で変色が見られるなど、見た目的に良くない場合や噛み合わせなどにより耐久性に問題が生じる場合があります。

自費診療は自費で賄う分、かなりの費用がかかることは言うまでもありません。その分、品質の高いものを使用することができるだけでなく最新の技術を使って治療を進めていけることが利点です。



自費診療の差し歯の種類と費用



自費診療では1本あたりでだいたい数万円から10数万円かかるのが一般的です。つまり、数本の治療を行う場合にはこれに差し歯の本数を掛け算をして算出することになります。そうなると、トータルで数十万円かかることもあります。

保険を適用すれば数本の差し歯で高くても数万円でおさまることからも、値段としては圧倒的に保険適用のケースがプラスです。ところが、品質で比べてみるとその差は歴然です。

保険適用の差し歯ではレジンと呼ばれるプラスチックを使用し安くできる分、すり減りやすく割れやすい問題を抱えています。

自費診療の場合にはレジンだけでなくセラミックを混ぜたものやすべてセラミックのものなどがあります。セラミックは陶器であるため、変色しにくいのが特徴です。レジンと一緒に使用することで強さを維持しながら審美性を高めることができるため、歯の変色が気になる人や噛み合わせの力が強い人などにはおすすめです。

中にはメタルボンドと呼ばれる中身は金属で外はセラミックの差し歯もあります。強度も審美性も十分であるため、手入れさえきちんとしていれば経年劣化のスピードも抑えられます。

一番おすすめなのは金属を使用せず、またレジンを混ぜることなく純粋なセラミックのみで差し歯を作成するオールセラミックという差し歯。見た目が自然な仕上がりになるので前歯をオールセラミックの差し歯にしても差し歯だと気づかれないほどです。


自費である分、値段設定も歯科医院に任されていることも気をつけるべきポイントです。

この場合は歯科医院のホームページなどで値段が提示されているかを確かめることが必要です。芸能人のようにイメージを大事にする職業や接客業として常にお客さんの前で仕事をする人にとって、自費診療によるやり方がベストです。審美歯科がある歯科医院にお願いすることが無難と言えます。

東京・大阪・名古屋で!安い料金の高品質オールセラミックならJDFJDFの安いオールセラミック.jpg




posted by ふすま at 14:00 | Comment(0) | 保険外差し歯の費用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

費用が安い保険適用の差し歯にあるデメリット

歯科医院での治療は費用が高額になりやすく、患者にとっては心配になるポイントの一つです。

しかし保険適用内の治療なら自己負担額は減るので、費用の心配をせず安心して治療を受けることができます。

差し歯の治療も保険適用内なら、自己負担額は2割から3割程度になるので治療費が高額にはなりません。無理せず支払える金額なので、費用が心配なら保険が使える治療法を選ぶべきでしょう。



保険適用の差し歯のデメリット



しかし保険適用内の治療には、費用が抑えられるメリットがある一方でデメリットもあります。デメリットは一つではなく複数あり、なかには治療後に後悔しかねないものもあるので治療費とのバランスを考えながら選びましょう。

差し歯の治療で保険適用されるのは、基本的にレジンと呼ばれるプラスチックの素材を使った場合のみです。話題のオールセラミックやゴールドクラウンといった方法を選択すると、適用外になり全額自己負担になります。

治療に使える素材の選択肢が限られているのは、費用を抑えるときのデメリットと言えるでしょう。プラスチックの素材にはいくつかの種類はありますが、基本的にどれも審美性は低くなっています。天然の歯に比べると黄ばみがあったり隣の歯と色を合わせられなかったりするので、見ただけで差し歯とわかることもあるほどです。

また審美性だけでなく耐久性も低く、劣化するまでの時間も短いので数年で変色しいきます。歯との密着性も高くないので隙間ができやすく、丁寧に歯を磨いていても虫歯になりやすいのもデメリットでしょう。基本的に保険が使えるプラスチック製の差し歯は、審美性・耐久性・機能性が低いと言っても過言ではありません。



自然な仕上がりにしたいなら保険外の差し歯にするべき



自然な仕上がりにできて機能性も高い差し歯にしたいなら、高額な治療費を支払いセラミックなどを選ぶ必要があります。特に口を開けたときに他人の目に自然と入る前歯は、多少無理してでも審美性が高い素材を選ぶと後悔することはありません。

治療を受ける前に大切なこととしては、歯科医師のカウンセリングを受けてから治療を開始することです。保険適用だと治療費が抑えられるメリットがあるものの、見た目や機能性に問題があり自然な仕上がりは期待できません。

一度治療を受けると簡単に取り替えることはできないので、治療前に医師のカウンセリングでメリットだけでなくデメリットもしっかりと聞いておくことが大切です。費用と審美性・機能性のバランスを考えながら、素材は選ばなければいけません。
posted by ふすま at 14:00 | Comment(0) | 保険が効かない差し歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。