2018年02月16日

保険外でも安い差し歯はあります

日本では大人でも虫歯に悩む人が少なくありません。

虫歯によって歯のほとんどの部分を失って根だけが残ってしまった場合は、差し歯という治療方法があります。歯科の専門用語ではクラウンと呼ばれています。



安い差し歯にすべきではない?



どのような差し歯にするかは、歯科医師が歯の状態を確認して患者の希望を聞いて決めていきます。

治療費は保険が適用されると安くなり、保険が適用されないと高くなります。保険適用の場合は、歯科用のプラスチックでできた硬質レジンを使うケースが多いです。

硬質レジンは天然の歯に近い色をしており比較的安いのが魅力です。差し歯の中心に金銀パラジウム合金などの金属を入れて外側にレジンを貼り付けたタイプは、噛み合わせの強いところでも使うことができます。しかし長く使うとレジンが変色して金属の部分が溶け出し歯茎が黒くなることがあるので注意が必要です。




差し歯の種類



保険外の差し歯にも様々な種類があります。

歯科治療に使うレジンにセラミックを練りこんだ素材が、ハイブリッドセラミックです。この素材はプラスチックと樹脂の性質を備えており材質を考えるとレジンに近いです。

セラミックが練りこんであるので保険適用のレジンよりも審美性に優れており、歯に傷が付きにくいです。保険適用外の差し歯では安い方で金属アレルギーを起こす心配もありません。ただレジンも入っているため長期期間利用すると徐々に変色します。




キレイなオールセラミック



レジンを一切使わずに全体をセラミックで作っているのがオールセラミッククラウンです。

オールセラミッククラウンには様々なメリットがあります。見た目が非常に美しく透明感があるので前歯の治療に適しています。

レジンと違って長期間使っても変色することがなく、金属アレルギーの心配もないです。表面がなめらかなのでプラークや汚れも付きにくく長持ちします。




強度の高いジルコニアセラミッククラウン



内部を強度のあるジルコニアで作り、外部をセラミックで作っているのがジルコニアクラウンです。

ジルコニアもセラミックの一種で生体親和性が高く強いことで知られています。セラミックを使った保険外の素材は高いというイメージがあります。

自由診療の場合はクリニックが価格を決めているため費用が高くなりがちです。しかし最近は様々なコストを削減して安いセラミック治療を提供しているクリニックも増えています。

歯の治療は歯科医の腕によって仕上がりに差が出てきます。ですから、できるだけ評判が良く実績があるクリニックで治療を受けた方が安心です。

高品質オールセラミックの費用が安い!審美歯科JDF
JDFの安いオールセラミック.jpg






posted by ふすま at 11:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: