2018年06月30日

費用が安い保険適用の差し歯にあるデメリット

歯科医院での治療は費用が高額になりやすく、患者にとっては心配になるポイントの一つです。

しかし保険適用内の治療なら自己負担額は減るので、費用の心配をせず安心して治療を受けることができます。

差し歯の治療も保険適用内なら、自己負担額は2割から3割程度になるので治療費が高額にはなりません。無理せず支払える金額なので、費用が心配なら保険が使える治療法を選ぶべきでしょう。



保険適用の差し歯のデメリット



しかし保険適用内の治療には、費用が抑えられるメリットがある一方でデメリットもあります。デメリットは一つではなく複数あり、なかには治療後に後悔しかねないものもあるので治療費とのバランスを考えながら選びましょう。

差し歯の治療で保険適用されるのは、基本的にレジンと呼ばれるプラスチックの素材を使った場合のみです。話題のオールセラミックやゴールドクラウンといった方法を選択すると、適用外になり全額自己負担になります。

治療に使える素材の選択肢が限られているのは、費用を抑えるときのデメリットと言えるでしょう。プラスチックの素材にはいくつかの種類はありますが、基本的にどれも審美性は低くなっています。天然の歯に比べると黄ばみがあったり隣の歯と色を合わせられなかったりするので、見ただけで差し歯とわかることもあるほどです。

また審美性だけでなく耐久性も低く、劣化するまでの時間も短いので数年で変色しいきます。歯との密着性も高くないので隙間ができやすく、丁寧に歯を磨いていても虫歯になりやすいのもデメリットでしょう。基本的に保険が使えるプラスチック製の差し歯は、審美性・耐久性・機能性が低いと言っても過言ではありません。



自然な仕上がりにしたいなら保険外の差し歯にするべき



自然な仕上がりにできて機能性も高い差し歯にしたいなら、高額な治療費を支払いセラミックなどを選ぶ必要があります。特に口を開けたときに他人の目に自然と入る前歯は、多少無理してでも審美性が高い素材を選ぶと後悔することはありません。

治療を受ける前に大切なこととしては、歯科医師のカウンセリングを受けてから治療を開始することです。保険適用だと治療費が抑えられるメリットがあるものの、見た目や機能性に問題があり自然な仕上がりは期待できません。

一度治療を受けると簡単に取り替えることはできないので、治療前に医師のカウンセリングでメリットだけでなくデメリットもしっかりと聞いておくことが大切です。費用と審美性・機能性のバランスを考えながら、素材は選ばなければいけません。
posted by ふすま at 14:00 | Comment(0) | 保険が効かない差し歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: