2017年01月31日

保険外差し歯オールセラミックの差し替え〜自費治療と技術料の金額はいくらか〜

安い費用の保険外差し歯はJapan Dental Frontier
安い費用の保険外差し歯オールセラミックならJDF


今回は歯を保険外差し歯のオールセラミックに差し替えるのにかかる金額についてお話しします。


例えばすでに保険で前歯を差し歯にしている場合、歯茎の黒ずみや差し歯の変色によって歯を綺麗なセラミック製のものに差し替えたいということがあると思います。

というか私がまさにそうでした(´・ω・)

前歯の見た目が悪いと笑顔も人に見せたくなくなります。

今はセラミックの自然な差し歯に入れ替えることができたので、その仕上がりにはとても満足していて笑顔が多くなったと自分でも思います。

でもセラミックの歯って値段が高いイメージがありますよね?

私も保険外の差し歯なんてそんな高いものに払うお金がない!と思っていましたが、今は安い値段のもので高品質な差し歯もあるんですね。


ちなみにオールセラミック治療は保険外、つまり保険が適用されない自費診療という形になるので、自費治療の値段や技術料といった金額は歯科が自由に決めることができます。

なので選ぶ審美歯科によっては技術料が数万円高いということもありますし、逆に安いところではその数分の一という金額で済むこともあります。

私が治療を受けた審美歯科での自費治療の金額はいくらかと言うと、以下の記事で当時の様子やオールセラミックの前歯に差し替えたときにかかった金額などを詳しく解説しています。

【安い費用で自然な差し歯に!】前歯のオールセラミック治療

前歯をオールセラミックの差し歯に差し替えたいけど、自費治療や技術料の金額はいくらか先に知りたい!という方の参考になれば幸いです。

安い費用の保険外差し歯はJapan Dental Frontier
安い費用の保険外差し歯オールセラミックならJDF





posted by ふすま at 16:58 | Comment(0) | 保険外差し歯の費用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

【保険内?保険外?】前歯は保険治療で差し歯にしちゃダメ!?

安い費用の保険外差し歯はJapan Dental Frontier
安い費用の保険外差し歯オールセラミックならJDF



歯の治療には保険が適用されて安くなるものと保険外の高いものがあります。

そこで今回は保険内治療のメリットやデメリット、結局前歯を差し歯にするのであればどちらがいいのかというお話をします(・ω・`)




保険内・保険外治療のメリットデメリット



まず前歯を差し歯にする保険内の治療のメリットは費用が安いことです。

ですが安いことで使える材料などにも制限があり、例えば保険内であれば奥歯には丈夫な銀歯を使うことになります。

それだと見た目が悪いからいやだ、といった意見は聞いてもらえません(・ω・)


対して保険外の治療では見た目をキレイにすることができたり、こんな歯にしたいといった注文をすることができます。

ただ保険外治療は自費診療になるのでとても費用が高額になります。

前歯をセラミックの差し歯にする費用←について詳しくはこちらの記事をご覧ください(・ω・)




そこで費用を優先するか見た目を優先するかなのですが、私は前歯を差し歯にするのであれば断然保険外の治療をおすすめします。

なぜなら私自身が以前前歯を保険内の差し歯にしてもらったときにすごく後悔したからです(´-ω-`)



前歯を保険内で治療すると見た目がすごく悪いので、治療した前歯だけが浮いているように違和感を出してしまいます。

保険内の治療で使う歯の土台部分が安い金属のせいで、金属が溶け出しているのか歯ぐきだって黒ずんで見えます。

見た目は明らかに差し歯なんです(´−ω−`)




前歯は人の顔においてとても重要なパーツですよね?笑顔を見せたときにまず目に入る部分です。

そんな大切なところである前歯を、費用が安いからといって保険内の差し歯にしてしまうと後から後悔するハメになり、結局私も保険外のセラミックの差し歯に差し替えることになりました。




だったら少しくらい無理をして高い費用を支払ってでも、最初から保険外の差し歯にする方が最終的にはお得だと思います。

後で差し替える費用がかからないばかりか差し歯でいる何年もの期間、保険内の歯の見た目が悪く笑顔を見せることがコンプレックスになるなんてこともなくなります。




費用が高いといっても保険外の歯は今かなり値段が下がってきていて、セラミックでできた自然な歯が1本5万円以下です。


昔であれば1本20万円以上はしていて、今でも高い歯医者さんであればそれくらいの金額に設定しているところもあります。


それが5万円以下なのであれば頑張って用意するだけの価値があると私は思います。



なので今差し歯を保険内のものにするか保険外にするか悩んでいる方がいるのであれば、私は絶対に保険外の歯をおすすめします(´・ω・)


5万円以下でできるところは東京や大阪、名古屋といった都市部にあるのですが、参考に私が治療を受けたところを載せておきます、よければご覧ください(´・ω・)


安い費用の保険外差し歯はJapan Dental Frontier
安い費用の保険外差し歯はJapan Dental Frontier








posted by ふすま at 09:22 | Comment(0) | 保険外差し歯の費用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

安い値段の保険外差し歯を探している方必見!知らないと損をするJDF

JDFの安いオールセラミック.jpg
安い料金の高品質オールセラミックJDF


今回は保険外の差し歯でおすすめのオールセラミッククラウン歯の価格や治療にかかる料金について(´・ω・)


保険外の差し歯は保険が適用されるものと違い自費診療なので高額になります。
歯科が自由に値段を設定できるので自由診療とも呼ばれています。

その中でもオールセラミックはおすすめです。
私は実際に前歯2本を保険外の差し歯オールセラミックにしましたが、他の治療に比べて値段が安い上に歯のクオリティは素晴らしいです。
まるで天然の歯のようにキレイにすることができました。今ではどの歯が差し歯なのか分からないほど自然な見た目です。


「保険外の歯の中でも安い」と言いましたが、治療を受ける歯科によってはその価格を1本20万円などの高額な料金に設定している場合もあります。

平均価格でだいたい1本10万円〜15万円です。


ですが私が治療を受けたJapan Dental Frontierというところだと、オールセラミックの値段が1本5万円以下なんです(´・ω・)

すごく安いですがその代わりにクオリティが低いといったこともなく、本当にキレイで自然な前歯に仕上がっています。
歯の透明性も天然の歯のようですし、保険内の差し歯のように歯ぐきが黒ずんでいたりもしません。さすが保険外の差し歯なだけはあります(`・ω・´)


そしてもう一つJapan Dental Frontierのすごいところが、「複数本の治療でも技術料は一律25,000円」という部分です。

技術料というのは「治療をする料金」のことです。
普通の歯医者さんであれば、1本ごとに「歯を作成する料金+技術料」という形で価格を設定しているので、合計の値段は本数が増えれば増えるほど高くなっていきます。

ところがJapan Dental Frontierでは、保険外の差し歯オールセラミックの本体の値段が47,000円で、技術料は25,000円。あとはそこに治療する歯の本数分の値段を加えていくだけなんです。

なので「一度に複数本の歯を保険外のキレイな差し歯にしたい!」と考えていたなら、ここJapan Dental Frontierが一番安い価格で済みます。

本数が多ければ絶対ここにした方が合計の料金が安くなります(`・ω・´)


ちなみにJapan Dental Frontierは全国にある歯科と提携しているので、治療はお近くの歯科で受けることができます。
大阪・東京・名古屋に拠点があるので、通える場合は通ってでも行った方が安いと思います。

最短2回の通院で済むこともある上に術後は数時間で通常通り噛むことができるので、私は何も不自由することがありませんでした(´・ω・)


保険外の差し歯には色々と種類がありますが、値段の安さ、歯のクオリティを考えるとこのオールセラミックが一番いいと思います。

なので、

「保険外治療でもキレイな見た目にしたい!」
「値段の安いオールセラミック治療を受けたい!」

と考えられているのであれば、Japan Dental Frontierは一見の価値ありですよ!(`・ω・´)

【大阪・東京・名古屋にお住まいの方必見】
安い値段の保険外差し歯ならこちらJDFがおすすめ!
安い費用の保険外差し歯はJDF












posted by ふすま at 04:58 | Comment(0) | 保険外差し歯の費用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする