2018年02月16日

保険外でも安い差し歯はあります

日本では大人でも虫歯に悩む人が少なくありません。

虫歯によって歯のほとんどの部分を失って根だけが残ってしまった場合は、差し歯という治療方法があります。歯科の専門用語ではクラウンと呼ばれています。



安い差し歯にすべきではない?



どのような差し歯にするかは、歯科医師が歯の状態を確認して患者の希望を聞いて決めていきます。

治療費は保険が適用されると安くなり、保険が適用されないと高くなります。保険適用の場合は、歯科用のプラスチックでできた硬質レジンを使うケースが多いです。

硬質レジンは天然の歯に近い色をしており比較的安いのが魅力です。差し歯の中心に金銀パラジウム合金などの金属を入れて外側にレジンを貼り付けたタイプは、噛み合わせの強いところでも使うことができます。しかし長く使うとレジンが変色して金属の部分が溶け出し歯茎が黒くなることがあるので注意が必要です。




差し歯の種類



保険外の差し歯にも様々な種類があります。

歯科治療に使うレジンにセラミックを練りこんだ素材が、ハイブリッドセラミックです。この素材はプラスチックと樹脂の性質を備えており材質を考えるとレジンに近いです。

セラミックが練りこんであるので保険適用のレジンよりも審美性に優れており、歯に傷が付きにくいです。保険適用外の差し歯では安い方で金属アレルギーを起こす心配もありません。ただレジンも入っているため長期期間利用すると徐々に変色します。




キレイなオールセラミック



レジンを一切使わずに全体をセラミックで作っているのがオールセラミッククラウンです。

オールセラミッククラウンには様々なメリットがあります。見た目が非常に美しく透明感があるので前歯の治療に適しています。

レジンと違って長期間使っても変色することがなく、金属アレルギーの心配もないです。表面がなめらかなのでプラークや汚れも付きにくく長持ちします。




強度の高いジルコニアセラミッククラウン



内部を強度のあるジルコニアで作り、外部をセラミックで作っているのがジルコニアクラウンです。

ジルコニアもセラミックの一種で生体親和性が高く強いことで知られています。セラミックを使った保険外の素材は高いというイメージがあります。

自由診療の場合はクリニックが価格を決めているため費用が高くなりがちです。しかし最近は様々なコストを削減して安いセラミック治療を提供しているクリニックも増えています。

歯の治療は歯科医の腕によって仕上がりに差が出てきます。ですから、できるだけ評判が良く実績があるクリニックで治療を受けた方が安心です。

高品質オールセラミックの費用が安い!審美歯科JDF
JDFの安いオールセラミック.jpg






posted by ふすま at 11:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

見た目がキレイ!保険外の差し歯の値段

近年増加しているオールセラミックの差し歯は、基本的には保険外の治療です。そのためクリニックで提示される値段は高額になり、選ぶのが難しい原因になっています。

それでもオールセラミックなど保険外の治療を選ぶ人が多いのは、保険適用される差し歯にはないメリットがあるからです。保険外であるからこそのメリットとは、審美性の高さです。



キレイな保険外のセラミック差し歯



例えばオールセラミックは陶器でできているので、透き通るような白さがあります。差し歯にオールセラミックを選ぶと、天然の歯と変わらない見た目になるので不自然な印象を与えません。

またほとんど変色しない性質があるので、長期間使用しても美しさが変わらないメリットがあります。金属製ではないのでアレルギーのリスクが減るのも、敏感な人にとっては嬉しいメリットでしょう。



差し歯の種類や歯科によって違う値段設定



保険外でできる差し歯は、オールセラミックだけではありません。

プラスチックであるレジンとセラミックを混ぜて作るハイブリッドセラミックは、一定の強度を保ちながら見た目も悪くありません。またオールセラミックと同じく、金属製ではないのでアレルギーのリスクがない特徴もあります。

そしてハイブリッドセラミックの最大の特徴とも言えるのが、ほかの種類に比べると値段が安いことです。

オールセラミックと比べて1本あたり半額程度まで値段が安くなるので、保険が使えなくても経済的な負担は減らすことが可能です。

ほかにも保険外の差し歯で使われる種類には、メタルボンド・ジルコニアセラミッククラウン・ゴールドクラウンなどがあります。

それぞれの種類によって特徴が異なり、当然ながら1本あたりの値段も違います。

値段に関しては、保険が使えない治療は同じ種類でもクリニックによって、差があることを知っておくべきでしょう。保険が使えない治療は自由診療なので、クリニックが独自に設定することが可能です。

ある程度の相場はありますが、保険が適用される治療とは違い負担する金額はクリニックによって違います。ですから治療を始める前に比較しておかないと、大きな損をすることになりかねません。治療を完了するまでの費用は、カウンセリングなどで教えてもらうことができます。

事前に治療費の総額を聞いて比較しながらクリニックを選ぶことで、保険が使えなくても負担を減らすことができるでしょう。保険が使えない治療は負担が大きいので最初から除外しがちですが、メリットにも目を向けながら決めなければいけません。
posted by ふすま at 11:00 | Comment(0) | 保険外差し歯の費用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

保険外の差し歯の種類とおすすめの治療法

差し歯を入れる場合、多くのケースでは保険適用の種類が選択されます。3割負担で済むために安上がりに治療ができるのが大きな理由です。

しかし一方では敢えて保険外の種類が選択されるケースもあります。



保険外の差し歯はオールセラミックがおすすめ



保険外の差し歯としては、オールセラミックが挙げられます。セラミックというのは陶器のことですが、美しい見た目を手に入れられるのが大きな魅力です。

保険適用の安価な差し歯の場合、見た目の質感に審美性がなく前歯には入れにくく感じられやすいです。しかしオールセラミックの場合は自然な白さを持つゆえに美しく、質感もキレイで目立つ前歯にも導入しやすいと言えます。

変色をしないために経年劣化の心配がないのも魅力でしょう。一般的な差し歯は時間と共に黄ばみが強くなり汚れたように見えますが、その点にも強みがあるのがオールセラミックです。変色するリスクが低いため、治療した時の白さがそのまま維持されます。



ハイブリッドセラミックとは?



ハイブリッドセラミックという種類も挙げられます。

これは歯科用プラスチックのレジンとセラミックの粒子を混ぜたものです。セラミックの長所を前面に出すというよりも、レジンが強化されている意味合いの方が強く、オールセラミックとは別物と言えます。

しかしながらレジンのみでの治療と比較した場合、見た目と耐久性が高いという強みがあります。そして保険外治療の中では比較的安価なため、治療へのハードルも低めです。

なお、オールセラミックとハイブリッドセラミックは金属を使用していないという強みも持っています。そのため金属アレルギーの心配がないのもそれぞれの良さと言えるでしょう。



金属を使用した保険外差し歯もある



次に挙げられるのはメタルボンドです。

表面はセラミックで覆われており、中身には貴金属が使用されています。美しい見た目と優れた耐久性があるのが特徴です。

貴金属が用いられているものの、金属と比較するとアレルギーのリスクは低めです。ただ金属が土台になっているためオールセラミックに比べると見た目が不自然で違和感のあるものになってしまうことは避けられません。

なので前歯など見た目を気にする箇所であればオールセラミックを検討するのがいいと思います。今は費用もかなり安い金額になってきています。

低価格で高品質なオールセラミック・セラミック・ラミネートベニアが受けられる審美歯科サービス






posted by ふすま at 16:40 | Comment(0) | 保険外差し歯の費用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする