2017年12月04日

保険外の差し歯の種類とおすすめの治療法

差し歯を入れる場合、多くのケースでは保険適用の種類が選択されます。3割負担で済むために安上がりに治療ができるのが大きな理由です。

しかし一方では敢えて保険外の種類が選択されるケースもあります。



保険外の差し歯はオールセラミックがおすすめ



保険外の差し歯としては、オールセラミックが挙げられます。セラミックというのは陶器のことですが、美しい見た目を手に入れられるのが大きな魅力です。

保険適用の安価な差し歯の場合、見た目の質感に審美性がなく前歯には入れにくく感じられやすいです。しかしオールセラミックの場合は自然な白さを持つゆえに美しく、質感もキレイで目立つ前歯にも導入しやすいと言えます。

変色をしないために経年劣化の心配がないのも魅力でしょう。一般的な差し歯は時間と共に黄ばみが強くなり汚れたように見えますが、その点にも強みがあるのがオールセラミックです。変色するリスクが低いため、治療した時の白さがそのまま維持されます。



ハイブリッドセラミックとは?



ハイブリッドセラミックという種類も挙げられます。

これは歯科用プラスチックのレジンとセラミックの粒子を混ぜたものです。セラミックの長所を前面に出すというよりも、レジンが強化されている意味合いの方が強く、オールセラミックとは別物と言えます。

しかしながらレジンのみでの治療と比較した場合、見た目と耐久性が高いという強みがあります。そして保険外治療の中では比較的安価なため、治療へのハードルも低めです。

なお、オールセラミックとハイブリッドセラミックは金属を使用していないという強みも持っています。そのため金属アレルギーの心配がないのもそれぞれの良さと言えるでしょう。



金属を使用した保険外差し歯もある



次に挙げられるのはメタルボンドです。

表面はセラミックで覆われており、中身には貴金属が使用されています。美しい見た目と優れた耐久性があるのが特徴です。

貴金属が用いられているものの、金属と比較するとアレルギーのリスクは低めです。ただ金属が土台になっているためオールセラミックに比べると見た目が不自然で違和感のあるものになってしまうことは避けられません。

なので前歯など見た目を気にする箇所であればオールセラミックを検討するのがいいと思います。今は費用もかなり安い金額になってきています。

低価格で高品質なオールセラミック・セラミック・ラミネートベニアが受けられる審美歯科サービス






posted by ふすま at 16:40 | Comment(0) | 保険外差し歯の費用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

保険外差し歯オールセラミックの差し替え〜自費治療と技術料の金額はいくらか〜

安い費用の保険外差し歯はJapan Dental Frontier
安い費用の保険外差し歯オールセラミックならJDF


今回は歯を保険外差し歯のオールセラミックに差し替えるのにかかる金額についてお話しします。


例えばすでに保険で前歯を差し歯にしている場合、歯茎の黒ずみや差し歯の変色によって歯を綺麗なセラミック製のものに差し替えたいということがあると思います。

というか私がまさにそうでした(´・ω・)

前歯の見た目が悪いと笑顔も人に見せたくなくなります。

今はセラミックの自然な差し歯に入れ替えることができたので、その仕上がりにはとても満足していて笑顔が多くなったと自分でも思います。

でもセラミックの歯って値段が高いイメージがありますよね?

私も保険外の差し歯なんてそんな高いものに払うお金がない!と思っていましたが、今は安い値段のもので高品質な差し歯もあるんですね。


ちなみにオールセラミック治療は保険外、つまり保険が適用されない自費診療という形になるので、自費治療の値段や技術料といった金額は歯科が自由に決めることができます。

なので選ぶ審美歯科によっては技術料が数万円高いということもありますし、逆に安いところではその数分の一という金額で済むこともあります。

私が治療を受けた審美歯科での自費治療の金額はいくらかと言うと、以下の記事で当時の様子やオールセラミックの前歯に差し替えたときにかかった金額などを詳しく解説しています。

【安い費用で自然な差し歯に!】前歯のオールセラミック治療

前歯をオールセラミックの差し歯に差し替えたいけど、自費治療や技術料の金額はいくらか先に知りたい!という方の参考になれば幸いです。

安い費用の保険外差し歯はJapan Dental Frontier
安い費用の保険外差し歯オールセラミックならJDF





posted by ふすま at 16:58 | Comment(0) | 保険外差し歯の費用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

保険外の差し歯にかかる費用と安い金額で済ませるポイント

保険適用されるかどうかという問題を分析すれば、差し歯に関係した内容の治療も安い金額で済ませることが可能となっていきます。

安いセラミック歯の料金相場【大阪・東京・名古屋】



適用される範囲を超えた場合、実際にかかる金額を算出していくことになりますが、だいたい保険が効かない差し歯の場合1本当たりの金額は素材によって異なります。

あとは歯の位置によっても保険の有無が決まっていくため、歯科医師とよく相談してから決定しておく状況が大事です。

また使用される素材によって金額が違っていくので、合金やセラミックなど見た目と値段のバランスを見て判断する意識が必要となります。

保険適用内の場合とどこが違うかをはっきりさせれば、幅広い選択肢が生まれていくようになり、審美歯科やホワイトニングに似た視覚的な効果への期待も生まれていきます。

歯科の現状がこれまで以上に大きく変化しているので、保険の範囲でできる部分が徹底的に行う内容が賢明です。

見た目以上に大事なポイントは、耐久性の部分であるため、保険外の費用と照らし合わせながら、総合的な決断を自分で下していくことが大切です。

差し歯のイメージが昔と大きく異なっているメリットを模索しながら、最も理想的な条件を確認する点が大事になります。

保険外であっても納得のいく治療に専念することが大切です。

前歯のような見た目を意識したい場所であればセラミックの差し歯が、奥歯のような人目につかない場所であれば保険の効く銀歯にするのも一つの手です。

安いセラミック歯の料金相場【大阪・東京・名古屋】



posted by ふすま at 15:42 | Comment(0) | 保険が効かない差し歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする